お知らせ

【オンライン講座のお知らせ】3月6日 健康診断結果の読み方

2024年2月7日

 

 

 

2月に入り天候が荒れていて、関東地方にも大雪が降って交通がストップしているニュースを見ては、ひとりヒヤヒヤしています。

 

というのも、更年期世代は転んだら、骨折する確率が高くなるので心配なんですね。。

 

更年期になり女性ホルモンが減少すると骨密度が減ったり脂質代謝や糖代謝が悪くなって体重や腹囲が増え始め健康診断の身長や体重・腹囲・血圧の値も微妙に変化し始めます。

 

その変化を、更年期だから、歳だからと無視しているとやがて骨粗鬆症や脂質代謝異常症、糖尿病、高血圧症と病気になっていきます。

 

病気になってしまうと、治療にはお金もかかるし時間もかかります。

 

何よりも仕事ができないとか、好きなことができない、好きなところにいけないという意味でもQOLを急激に下げてしまいます。

 

人生100年時代は、いかに健康寿命を延ばすかが個人的にも社会的にも大きな課題、これらの病気はその手前でくい止めておきたいですよね。

 

そのためにも健康診断は受けてなんともないから終わりではなくてその結果から自分の健康度を知って予防することがとても大事になります。

 

そこで、3月1日から8日まで女性の健康週間ということもあり、3月6日に講座を開くことにしました。

 

テーマは
「健康診断結果の読み方」

この講座は病気かどうかではなく、自分がどのくらい健康なのか、健康度を知って自分の生活習慣を見直すための講座です。

 

健康診断の結果を、お渡しする用紙に記入してもらいながら健康度を見ていくワークをします。

 

ワークの関係上、人数は多くはできませんでした。

 

気になる方はお早めにお申し込みくださいませ。

 

 

 

3月6日10:00~ 「健康診断結果の読み方」

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハイジア 佐藤みはる

女性の更年期と更年期以降の健康をサポート・ハイジア代表  助産師・ウィメンズヘルスアドバイザー・メノポーズカウンセラー・分子栄養学アドバイザー。 助産師として大学病院に33年間勤務する。 2013年に退職しハイジアを開業。

-お知らせ

© 2024 助産師が支える女性の健康ーハイジア 更年期講座・講演・相談・講義(母性看護)・健康経営サービス