コラム 更年期症状 更年期障害

更年期症状ー声が出にくい、声が低い

2022年7月16日

更年期症状 声が出ない女性の写真

「あれ?最近声がでない」とか「声が低くなっていない?」と感じることは、ありませんか?

最近自分でも感じることですが、気がつけば自分の声が低く、声がだんだん出にくくなってきました。

 

講師という声を出す職業上、意識して少し高い声をだすように気をつけています。

 

声も出しにくくなっているので、仕事の前には、のど飴をなめたり、水分をとったりと、それなりの努力しています。

 

それは、更年期以降のエストロゲンの減少が原因と分かっているからで、不安を抱くことではありません。

 

耳鼻咽喉科の医師向け雑誌「ENTONI20133月号に「更年期障害と耳鼻咽喉科」という特集がありました。

 

その中に「更年期障害と音声障害 」  がとりあげられていました。

 

声の低音化、声が出にくい」は、女性ホルモンの加齢性欠乏とそれによる喉頭の加齢性生理的変化が考えられる・・・」と

 

女性ホルモンの欠乏により相対的な男性ホルモンの優位状態となり

繊維が太くなる・・

加齢性による輪状甲状筋の収縮力は減弱し、声帯前後径の緊張が弱くなる

つまり、声が男性化するということですね。

 

女性ホルモンの欠乏であれば、HRT(ホルモン補充療法)が効くはずですが、この症状に関しては、HRTは効果なく不可逆的変化(もとには戻らない)そうです。

 

更年期の症状は、HRTで改善するものも多いのですが、HRTは効かないので、手術が適応になる場合があるようです。

 

声が出なくて診察を受ける女性

 

更年期のせい・・と納得がいけば、手術を希望しない人も多いそうです。

 

そうですよね、原因がわかれば、納得のしようがありますよね。

 

原因がわからないと、不安になりますから。

 

私も最近、声をだしづらいなぁ・・とか、自分でも、「おっ、低音」と気が付くことがあります。

 

意識しないと、聞き取りにくい声になってしまいますね。

 

セミナーでお話する時には、気を付けなればなりません。

 

声をお仕事にしている女性は、大変です。

 

歌手、アナウンサー、俳優、講師業・・

 

2018年にクレヨンしんちゃんの声優さんが替わっています。

その時の記事です

声優・矢島晶子(51)がテレビ朝日系アニメ『クレヨンしんちゃん』の野原しんのすけ役を降板することが1日、同局のアニメ公式サイトで発表された。矢島は1992413日の番組放送開始から263ヶ月にわたってしんのすけ役を担当。

「放送開始から四半世紀以上が過ぎ、ご本人より『しんのすけの声を保ち続けることが難しくなり、キャラクターの声を作る作業に意識が集中して、役としての自然な表現がしづらくなった。』との理由で降板のお申し出があり、番組制作スタッフと協議を重ねた結果、この度の決定となりました」と降板の理由を明かした。

この記事を読んだときに、年齢も51歳ですとエストロゲンが減少している時なので、そんなことも関係しているのかもしれないと思いました。

 

「声の低音化、声が出にくい」は、女性ホルモンの加齢性欠乏とそれによる喉頭の加齢性生理的変化が考えられると、知っていれば早めにホルモン補充療法を始めることも可能でしょう。

 

更年期に関する知識は、女性のQOLの低下を防いでくれます。

 

まだまだあまり知られていない更年期症状があります。

 

知っていれば、予防もできることがたくさんあります。

 

多くの人に知って欲しいですね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ハイジア 佐藤みはる

女性の更年期と更年期以降の健康をサポート・ハイジア代表  助産師・ウィメンズヘルスアドバイザー・メノポーズカウンセラー・分子栄養学アドバイザー。 助産師として大学病院に33年間勤務する。 2013年に退職しハイジアを開業。

-コラム, , 更年期症状, 更年期障害
-, , , , , ,

© 2022 助産師が支える女性の健康ーハイジア 更年期講座・講演・相談・講義(母性看護)・健康経営サービス